良い司法書士選びのコツは、どこまで親身になって対応してくれるかで選びましょう
ホーム > フレンズ通信 > No.16 遺言書の書き方指南

No.16 遺言書の書き方指南

遺言書の書き方指南
 大きな注意点
 @ 自らが自らの手で書くこと
 A 日付を書くこと
 B 署名すること
 C 署名のあとへ判子を押すこと
 禁忌事項
 @ ワープロで作成するのはダメ!
 A ビデオで自分を映して遺すこともダメ!
 レッスン 〜それでは遺言を書いてみましょう〜
 その1 まず、標題「遺言書」と書きます
 その2 遺言の内容を書く( 具体的には次回のフレンズ通信で)
 例えば
 「全ての財産を長男に相続させる」
 「不動産は妻に、その他は長男に相続させる」
 その3 日付を入れましょう
 その4 署名をしましょう
 その5 最後に判子を押しましょう
 (実印、認印なんでもOK です)
ページTOPへ