良い司法書士選びのコツは、どこまで親身になって対応してくれるかで選びましょう
ホーム > フレンズ通信 > No.26 株式のいろいろ

No.26 株式のいろいろ

第2巻第26号≪通巻26号≫
2008年 秋号
株式のいろいろ
新会社法では
    9種類の株式に区分されました。(普通株式以外に)
@譲渡制限株式 A議決権制限株式 B配当種類株式
C残余財産分配種類株式 D取得請求権付株式 E取得条項付株式
F全部取得条項付株式 G拒否権付株式(黄金株) H役員選解任権付株式
今回は一気に残りの7 つの種類株式のお話です。
@ 譲渡制限株式
株式を第三者等に譲り渡すときに株主総会や取締役会の決議が必要な株式
A 議決権制限株式
総会等で議決するときに、議決できないなど制限される株式
一般に制限(マイナス)があるため、配当が良い(プラス)などの条件が付加される。
B 配当種類株式
配当が良い(プラス)株式、そのため総会等で議決するときに、議決できないなど制限(マイナス)させるなどの条件が付加される。
C 残余財産分配種類株式
解散するときに財産分配の率が良い(プラス)株式、そのため総会等で議決するときに、議決できないなど制限(マイナス)されるなどの条件が付加される。
D 取得請求権付株式
株主から会社に株式を買い取るよう請求ができる株式(但し、一定の要件が必要となる)
E 取得条項付株式
会社から株主に株式の一部を買い取り請求ができる株式(但し、一定の要件が必要となる)
F 全部取得条項付株式
会社から株主に全部の株式を買い取り請求ができる株式(但し、一定の要件が必要となる)
以上の株式を発行するときは、それぞれ登記が必要です。
ページTOPへ